学校概要

学校評価

当校の「学校評価」は当校が行う教育活動、学校運営の状況について評価し、実効性のある改善案を示したりすることにより、組織的・継続的改善を図ることを目的としています。

 そのため当校では自己評価及び学校関係者評価による充実を図り、外部からの率直な意見等を改善に反映させるとともに、教育活動、学校運営の透明性と信頼性を維持、向上を図り教育の質向上に邁進します。

 当校では以下の内容を参考資料としております。

 

自己評価 学校関係者評価

・学生による授業評価・臨地実習評価

・臨床指導者による臨地実習指導評価

・講師会議・カリキュラム評価分科会等における非常勤講師との意見交換

・年次カリキュラム評価

・学校運営評価(学生アンケート・当校作成の評価表) 

・保護者アンケートによる評価

・卒業生就職先アンケートによる評価

・地域活動関係者等からの意見

・学校関係者評価について

今回は、令和3年度学校運営評価、全科目の授業評価・実習評価の実施結果を報告します。

令和3年度 学校運営評価

 

今年度の学校運営評価は9カテゴリ-38項目で実施した。前年度に比べ、「Ⅲ入学・卒業対策」0.2「Ⅳ学生生活への支援」0.4「Ⅴ管理運営・財政」0.3ポイント改善した。

 昨年と同様「Ⅶ教職員の育成」0.2改善するも3.1ポイントに留まった。「Ⅷ地域との連携」については大きく低下した。よさこい祭りの中止や、実習施設からの臨地実習受け入れ困難などコロナ下での活動困難が影響している。

しかし、地域への就職率が高い点など地域への還元はなされている。また、新施設の開拓などでは、地域との関係が確立されているからこそ新実習施設が見出せている点は評価できると考えている。

 

各カテゴリーに対する課題は以下のとおりである。

Ⅰ.学校経営

学校運営は教育目標到達に向けて機能しているが、新カリキュラムが2022年施行開始となるため、当校の特色を教育活動により反映できるよう計画を進めていく。

会議の持ち方については、新職員が4名も入ることも踏まえ、だれもが主体的に意見交換できる雰囲気作りと効率的に短時間で討議が行える事前準備(資料の提示等)の会議運営方法を模索したい。

Ⅱ.教育課程・教育活動

新カリキュラムが開始される。修正を踏まえた教育課程の運営の実際を評価する。また、コロナの影響で変更が出た場合どのような代替え案で目的が達成されるのか。その対応を検討する。特にフィールドワークや臨地実習での未到達目標を的確に評価する。

また、授業を大事にする。自学自習時間を効果的に活用することが課題となる。

ルーブリック評価については、さらなる検討を続け、評価の一貫性や公平性を保つことや実習で何を学べばいいのかという学習者の学習目標を示すことができることで、臨地実習内容の充実を目指したい。

Ⅲ.入学・卒業対策

新型コロナウイルス感染症の影響で募集の機会が減り PRが少ない印象、学校説明会の参加者数の減少もあった。社会の傾向をみながら定数確保に向けて活動する。また退学者を出さないよう、学生が「困難に対しても継続して取り組む動機づけ」を持たせる関りを模索する。

国試対策は、[医学書院国家試験対策Webフルプラン」を導入する。全学年活用方法の浸透を図る。外部から国家試験対策担当講師を定期的に参加させ学生の動向を把握し適時対策をとる。その効果を見て学生の自己負担部分の軽減を図る。

就職支援は継続とする。

Ⅳ.学生生活への支援

理解する、活用できる知識の獲得といった目標達成の学習行動が定着できる支援のあり方を検討する。

健康管理用紙の適正な活用の徹底と生活様式指導で感染を防止したい。また相談等については学年担当を採用したことで効果的な関わりを模索する。

まずは学習で主体性ある行動を・・・

次年度も縦割り活動を導入し、悩みの共有や学習方法について自ら解決できる場面を作る機会や人間関係形成能力の育成の場面とする。

Ⅴ.管理運営・財政

予算は適正に管理執行されている。収支を見据えて適宜執行する。学生の安全を確保するため[新しい生活様式]を講じ、最新の情報を得ながら危機管理を高めていく。

学生の意見の反映については、アンケートだけでなく、今年度からスタートする学年担当のかかわりなどからも意見や感想を聞き学生への満足につなげていく。

Ⅵ.施設設備

感染症防止対策として設備の運用方法は検討が必要である。

Ⅶ.教職員の育成

教育目標達成に向けて教員が新しい知識を教育実践に取り入れてくことは必須である。オンライン研修が今後も主流であるとおもうが、むしろ参加しやすいと捉え、各教員が必ず専門性と他分野において各1回以上の研修参加を目標とする。

Ⅷ.広報

新カリキュラムに合わせ内容の刷新が日露尾となる。HPは見栄え、アクセスの利便性など質の向上を図る。

地域に信頼される学校づくりとして今後情報公開の内容を精査するとともに、学生からの悪い口コミに対して対応策を練る。

Ⅸ.地域との連携

次年度はコロナの影響がある中で、新カリキュラムがスタートする。地域へのフィールドワーク等も開始されるので感染予防対策を徹底しつつ機会を設定できるよう展開する。

◆授業評価・実習評価

1.授業評価の取り組みについて

 自己点検自己評価の努力義務化を受け、平成21年度より学内教員及び部外講師の先生方

 に授業評価アンケートのご協力を頂き、授業評価を実施しております。その結果を今後の教育活動に反映していきたいと考えております。

 

2.方法について

 講師が担当した範囲について、終講時にアンケート用紙(別紙参照)を配布し、学生に無記名で回答、集計結果(データー集計一覧・自由記述欄記載のコピー)を担当講師にお渡ししております。学校ホームページに分野単位での公開をしております。

  今年度については新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、一部実施を見合わせた科目がありました。又、実習についても前半・後半で一部臨地実習・学内と、学生の修学状況が同一でない点から一部のみの実習評価となっております。

尚、今年度は昨年度との集計科目数が大幅に違う為、比較をしておりません。

令3年度 授業評価アンケート結果について

令和3年度 実習評価アンケート(学生)結果について

講義実施においては講師会議総会・分科会を実施し、部外講師とともに教育内容の精選と教育方法の充実を図っております。

学生の評価が平均的に低い設問1から4は、学生自身の学習姿勢についての問いです。

学生の主体的な行動がとれるよう示唆できる関わりが課題です。

令和3年度 学校関係者評価について

学校評価員会について PDF  (196KB)

学校関係者評価 PDF  (216KB)

令和3年度 保護者および卒業生就職先アンケートについて

令和3年度 成績評価

国家試験結果 PDF  (190KB)

就職状況 PDF  (176KB)