カリキュラム

カリキュラム

教育方針

生命の尊厳と個人の尊重を学習の基盤とし、人間に対する深い理解と対象を固有の生活者として捉え、看護の機能と役割を認識し専門知識に基づいて、対象にとって最適な健康状態を目指し支援できる看護の実践能力を育成します。

看護に対する魅力を感じ、一人ひとりの『生きる力』を高め、生涯にわたって自己啓発に努め、看護の向上を目指す専門職業人としての能力を培います。
地域における愛着と看護の対象も、自身も、コミュニティの中に存在し、生活しているという実感に支えられることで地域医療に貢献することの使命を育みます。

カリキュラム

看護学校では一つ一つの講義で学んだことをその後の学習で活用し、1年次で学習したことを2年次・3年次に統合するという学習力や考える力を必要とします。

そして看護学校の特徴である臨地実習では、病気や障害を持つ人々の心の痛みを感じる完成の豊かな人間性をもって、さまざまな人との関係を発揮することはできません。

 

当校のカリキュラムを通じて、看護師としての知識・技術はもちろんのこと、看護への真摯な姿勢に育み、みんなでともに成長しましょう。

シラバス

シラバスⅡ

シラバスⅡ
(科目名・単位・時間数・
目的・内容・評価等)
1年次 2年次 3年次
基礎分野

論理と表現    
英語    
心理学    
生涯教育    
環境生物学
人間工学
生活と感性
人間関係論Ⅰ
国際協力
地域交流Ⅰ

人間関係論
生命倫理
社会学

 

 

 

 


地域交流

 

 

 

 

 

 

 

 

地域交流

専門基礎分野 解剖生理学Ⅰ~Ⅴ
生化学
微生物学
疾病論Ⅰ~Ⅱ
薬理学
地域医療論
公衆衛生学

疾病論Ⅲ~Ⅴ
診断治療論Ⅰ~Ⅱ

社会福祉
関係法規

 

 

 

 

 

 

専門分野Ⅰ 看護学概論    
基礎看護学方法論Ⅰ~Ⅵ
基礎看護技術学内実習Ⅰ
基礎看護学実習Ⅰ

基礎看護学方法論Ⅶ
(診察の補助技術)
基礎看護学実習Ⅱ

 

基礎看護学方法論Ⅷ
(看護研究)

 

 

専門科分野Ⅱ

成人看護学概論・保健
小児看護学概論・保健
老年看護学概論
精神看護学概論
精神看護学方法論Ⅰ

母性看護学概論

 

 

成人看護学方法論Ⅰ~
老年看護学方法論Ⅰ~Ⅲ
小児看護学方法論Ⅰ
小児看護学方法論Ⅱ~Ⅲ
母性看護学方法論Ⅰ~
精神看護学方法論Ⅱ
精神看護学方法論Ⅲ
成人看護学実習Ⅰ
小児看護学実習

成人看護学実習Ⅱ~Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ
老年看護学実習Ⅱ
母性看護学実習
精神看護学実習

 

 

 

統合分野 在宅看護論概論・保健

在宅看護論方法論Ⅰ~Ⅲ

看護管理
基礎看護技術学内実習Ⅱ
在宅看護論実習
統合実習
看護医療安全教育
災害看護

※赤字の科目は実務経験のある教員等による授業科目です。

※各科目名をクリックすると、各科目のシラバス(PDFファイル)が表示されます。

成績評価の方法……各科目のシラバスに記載。

成績評価の基準……「単位及び卒業の認定に関する施行規則」第15条(抜粋)

 成績評価  摘要  評価の内容
 A  100点満点法による80点から100点まで  合格
 B  100点満点法による70点から79点まで  合格
 C  100点満点法による60点から69点まで  合格
 D  100点満点法による59点以下  不合格