受験生・保護者の方へ

学費・奨学金等支援制度

学費概要

入学金

授業料

実習実験費

施設設備費

入学時納入金

入学時のみ

半期分(4月~9月分)

200,000

240,000

90,000

120,000

650,000

※傷害保険料については、年額4,500円を全額学校が負担します。

※入学時に必要なその他の必要経費(教科書代、指定用品購入代)について入学手続き時に連絡します。

修学資金制度

当校においては、以下の修学資金制度が選考を経て貸与されます。

 

  • 日本学生支援機構による奨学金
  • 埼玉県修学資金
  • 当地区医療機関修学資金制度

 

※特に、当地区医療機関による修学資金制度は、坂戸鶴ヶ島医師会管内の各医療機関において看護師を養成する学校に在学する、看護に関する専門知識を習得しようとす者に修学資金を貸与し、これらの者の修学を容易にすることにより、貸与事業実施主体の看護師の確保と質の向上を資することを目的としたもので、学生の60%が現在この制度を活用し、勉学に励んでいる。

当地区医療機関修学資金制度を利用している学生からの声

看護師の夢をかなえるために・・先輩との絆

 入学してから2年がたち、いよいよ最終学年を迎えようとしています。
2年生になってから,学内での授業に加え臨地実習で実践的な看護を学ぶ時間が増えました。帰宅後の時間も課題や自己学習にあてる毎日が続いています。

 このような学生生活の中、学業に集中できていることは、市内の病院の修学資金制度を利用して、学費や参考図書の購入に充てられていることが大きいです。

 また、修学資金をいただいている病院へ実習に行き、当校を卒業された先輩方に指導を受けることができ、私も先輩方のような看護師になりたいと強く思いました。

 実習で自分の未熟な技術や勉強の難しさに向き合い自信をなくすこともありますが、それを乗り越えられた先輩方の存在が心の支えになっています。

 卒業後は、人の心に寄り添える看護師となる夢を叶え、生まれ育った坂戸・鶴ヶ島の地域医療に貢献できるよう感謝の気持ちを持って一層、励んでまいりたいと思います。

修学資金をいただくことで有意義な学校生活が・・・

 私は人の役に立つ仕事がしたいという想いから看護師を志望し、この看護学校に入学しました。

現在は、市内の病院から修学資金をいただきながら学生生活を送っています。

 修学資金をいただくことで有意義な学校生活が送れるとともに病院への感謝の気持ちが、勉学に対する意識によい影響をもたらしてくれています。

将来はこの病院に就職し地域医療に貢献したいと思います。